メラニン起因の皮膚疾患治療のゴールドスタンダード

お肌へのダメージも少ない効果も高いレーザーです。

The Ruby nano_Q :*厚労省認可の最新医療レーザー です。

Qスイッチルビーレーザーは、皮膚のメラニンに対する

選択性が高いことにくわえ均等にエネルギーを投与す

る工夫がなされ周囲組織へのダメージを最小にしてキレがよくお肌へのダメージも少ない優れた色素病変治療機器です。

 

適応疾患はしみのほか太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑、真皮メラノサイトーシス等があります。

 

アンチエイジングの最上位複合機

これ1台で脱毛、しみ、ひきしめが可能です。

 

℮‐Max:

アンチエンジング治療器のポラリスやオーロラ、リファーム、そして脱毛レーザーのコメットなどを開発した、シネロン社製品です。

一台に医療用ダイオードレーザー (Laser:Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)や高周波(RF:radiofrequency)、光(IPL:Intense Pulsed Light)、赤外線治療(IR:InfraRed)といった各種最上位機種のテクノロジーが搭載可能となっている機器です。

下にある3種類単独の施術のほかSR+リファームSTといった組み合わせやほかの施術との併用も可能です。医師にご相談ください。

DSL:ダイオードレーザー+RF(高周波)  *e‐Max の機能のひとつです

脱毛に効果があります。右図のように従来の脱毛レーザーでは表皮のメラニンに強くレーザーエネルギーが吸収され深部では拡散されてしまうため効果を狙って出力を上げるとやけどのリスクも上がるという問題がありました。また色の薄い毛や軟毛ではメラニン量が少なくレーザーエネルギー吸収量が不十分で満足のいく治療効果が得られないという問題もありました。

高周波エネルギーはレーザーエネルギーと異なる特性をもちメラニン量に関係なく3~4mmの深さに到達します。また毛を避けるように流れるので毛の周囲組織に集中してダメージを与えることが出来ます。これによりやけどのリスクが少なく従来のレーザー脱毛では難しいとされていた色の薄い毛や細い毛、白髪などにも効果が期待できます。

 
 

SR:IPL(光)+RF(高周波)  *e‐Max の機能のひとつです

しみ・くすみ・毛穴改善に効果があります。RF(高周波)を同時に照射することで、エネルギーによる効果をより効率的とし、かつ深くまで作用させます。リファームSTやDSLでも同様です。

SRは右の図のようにメラニンを主なターゲットとして光エネルギーがしみ・くすみに効果を発揮すると同時にRFが皮下深くに適度な熱影響を与えコラーゲンの即時収縮を促すため毛穴やたるみにも効果が期待できます。

 

リファームST:IR(赤外線)+RF(高周波)  *e‐Max の機能のひとつです

しわ・たるみに効果があります。右図のように波長700~2000nmの赤外線と高周波エネルギーを組み合わせて照射し、はじめは皮膚を赤外線で加熱しその後高周波エネルギーで真皮全体に均一な熱エネルギーを与えます。表皮は照射面で冷却しているので安全です。加熱された真皮層は主成分のコラーゲンが増生、再構築されることで引き締まりハリを取り戻します。切らないスキンタイニング治療です。

 

イオン導入

ビタミンA・Cの高浸透トリートメントでホームケアだけではカバーできない肌のダメージをより積極的にケアし実感できる結果をお届けいたします。レーザー・ケミカルピーリング後、また肌質改善やその維持にもお勧めします。

 

イオンザイムDF-Ⅱ

イオン導入はエンビロン独自の「イオントフォレ―シス+ソノフォレーシス(イオン導入+超音波導入)」でビタミンA(*2)とビタミンC(*2)の高浸透を実現。イオントフォレーシス(イオン導入)は通常の約4倍、ソノフォレーシス(超音波導入)は通常の約40倍の浸透効果(*1)があります。*1 角質層まで*2 整肌成分

 

肌画像カウンセリングシステムre-Beau(レビュー)

カラー/UV写真の撮影でより詳細で客観的な変化を分かり易くお示しします。

駐車場は28~33番をご利用ください。(駐車券不要)

Copyright © 2016 かんだクリニック. All Rights Reserved